バルカンウォーズ AMショーレポート


BB弾でガトリング。

◆ PRESENTS ATLUS
◆ PLACE AMショー2007
◆ 基盤 ???
◆ 発売 2008/春
◆ 評価 なし(30%のため、評価せず。)
◆ UPDATE 2007/09/15
 
 


◆ はじめに

 
今回のAMショーでは主要メーカーによる出展がなかったのですが、
 アトラスからBB弾を使ったゲームが出展される、ということで行ってまいりました。

 簡単ですがレポートを書かせていただきます。
 今回は撮影禁止、ということもあって画像や映像といったものは残念ながら当サイトにはありません。
 ご了承ください。


◆ 画像、記事リンク

 http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0709/13/news087_2.html(ITmedia)
 http://www.famitsu.com/game/news/1210476_1124.html(ファミ通)
 http://otasuke.new-akiba.com/photo/5045/25739(おた☆スケ)
 http://www.dengekionline.com/data/news/2007/9/13/31fe9ddde0abeaf7e3fa0fca3718bc6b_5.html(電撃オンライン)


◆ ガンコンについて

 ガンコンであるバルカンはガトリング形式で、回転しながらBB弾を発射します。
 ガンコンは見た目にもかっこよく、振動もしっかりしています。

 発射速度もなかなかのもので、毎分700発?とかなんとか。
 砲身がガラス越しにあるので、BB弾がプレイヤーに当るということはないです。
 BB弾は蛍光色の最も硬いBB弾を使用しているとのこと。

 弾は手前のグリップ近くのボタンを押すことで発射します。
 ボタンの位置がちょっと押しにくいところにありましたが・・・。グリップの上に置けばいいのに・・・。
 感覚としてはセガのオーシャンハンターのノリに近い感じですね。
 オーシャンハンターに振動を加えて弾を実物にして現実感を持たせた、みたいな。
 通常弾のほかに手榴弾もありました。
 ボタンを押す長さによって距離が変わるようです。
 手榴弾の残量?が画面の下にゲージで表示されていましたが、何故にゲージなのかは不明でした。


◆ ステージについて

 ステージは2種類の中から選択でした。協力プレイ可能。
 画面スクリーンは100インチくらいあって、かなり巨大。いかついです。
 これだけ大きな画面にひたすらBB弾を撃ち込むのもかなり爽快です。
 ただ、開発30%なこともあってただ出てくる敵(兵士、ジープ、ヘリ)をただ倒していくだけとなっていたので、そこはかなり残念。
 ただダメージを食らう場所もまったくなかったので、その分ゲームを楽しむことはできました。


◆ 改善要望他

 まず、開発度30%ではあるんですが、まずありえないですが
 この状態で製品版になったと「仮定して」、悪いところと、それを改善してほしいところとかを素直に書きたいと思います。

 ※ 注
 これは「ダメ出し」ではなく「改善要望」です。
 今は開発度の低さもあってアレですが、こういうところはこうすれば良くなるんじゃないの?という意見を書いてみたわけで、
 たんなるダメ出しってわけじゃないです。そこんとこご理解ください。ただ、書き方についても率直に書いてます。
 下手にフィルタをかけて伝えるのは良くないと思った次第です。

  ・デザインとか

 ガンコンのデザイン、発射速度は良かったと思います。
 回転しながら高速でBB弾を発射するさまはなかなかのものでした。
 BB弾を使うことについてはこれが基本路線になっているので特に異論はないです。
 筐体の概観は・・・。奥行きデカい!。これは入荷するゲーセンが限られますが、仕方ないですかね。

 問題はそれ以外ですね。

  ・演出関係

 まず、スクリーンに映った敵が小さすぎました。
 BB弾を使う関係でスクリーンが離れたところにあるんですが、
 ステージが全体的にかなり離れたアングルから映していて兵士なんかはホント小さかったです。
 途中で砲台付きジープに乗って攻撃するんですが、スコープぐらいジープにあるでしょう。
 兵士とか小さい敵だったらズームインしたり、ヘリだったらズームアウトしたりという演出くらいはほしいです。
 ずっと同じアングルでは単調にもなってしまいますし。
 攻撃についてですが、今回は敵の攻撃がなかったので敵がどう攻撃してくるかは期待ですね。
 BB弾で敵の手榴弾などを撥ね返したり出来れば。
 グラフィックはイマイチでしたが、これは開発度合いの低さによるものと思って特に書きません。

 次に、当り判定。
 小さいBB弾と同じ大きさくらいの当り判定なので、当らない当らない。
 爽快感が身の上のゲームなんですから、バルカンで精度を求めてもしょうがないです。
 着弾時の当り判定をもう少し広げてほしいですね。
 ズームイン/アウトがないのも狙いにくさに拍車をかけてました。

 そして演出。
 まず。一番弱いザコ兵士は1発で死なせてください。
 兵士の中で耐久値に強弱つけるのはやると思うのですが、全部の敵が「何発か当てないと死なない」はダメだと思います。
 1発で死なないって分かった時に「えー?」と思ってしまいました・・・。

 このゲームは「爽快感」が重要だと思います。これを味わえる演出が必要です。

 例えば。

  砂場に撃ちこんだら砂が巻き上がるとか、敵が思いっきり吹っ飛ぶとか。

  背景のものが壊れるとか。

  ドラム缶吹っ飛ばしてコンボにするとか。

 高速連射しているのにザコ敵の吹っ飛び方が弱いってのはちょっと。

 古いですが、シュワちゃんの映画「イレイザー」の「EM銃」による演出効果とか、
 LAST SAMURAIの最後のガトリングっすかね。
 あれくらいの吹っ飛びは欲しいよな・・・。

 そして最後に音声、効果音。
 効果音などが聞こえるスピーカーがなぜか自分の足元にありました。
 何故に足元?置く場所がなかったのかな?ショーの関係もあったけど、音声がほとんど聞こえず、
 また倒した後の効果音もかすかな音しか聞こえなかったです。
 特にマズいなぁ〜と思ったのはヘリに弾が命中した時の音。
 まるで看板やプラモにBB弾を当てた時のような音の「カンッ」って音。これはヤバイでしょう・・・。
 プレイしている時にこの音で一気に萎えてしまいました。

 バルカンとBB弾は現実のものであっても、ゲームの中はバーチャルの音で表現してほしいです。
 せっかくのガンコンの振動も味気なくなってしまう。あと、登場するプレイヤーの声ってないのかな?

  ・総評

 結論としては、このゲームは

 ガトリングバルカンで敵を思いっきり蹴散らせるけど、実は弾がBB弾という意外なギャップ

 が最大限の魅力だと思うんです。

 それは「思いっきり弾を撃ち込んで敵を蹴散らす」という感触が味わえて初めて生きてくるもの。
 せっかくハード的な面(ガトリングのガンコンとか、高速射出のBB弾とか)が売れる要素を満たしているんですから、
 ソフト面(判定、グラフィック、得点システム、ストーリー)さえ充実すれば良い作品になると思います。
 グラフィックは「今回間に合わなかった」ということで今後良くなると思っていますが。
 どっかのサイトにありましたが、「グラフィックが現実に追いついてない」。これでは受けない。


 これからの開発に期待しています。